おトクなポイント!

通信容量は、1日1回リセットされます。
リセットタイミングをうまく利用すれば、おトクに使えます!

リセット時間は
日本時間の午前1時!

通信容量のリセット時間は、日本時間の午前1時です。
渡航先ではそれぞれ時差があるため、各国の現地時間に当てはめてお考えください。


日本(東京)と主要都市の時差は下記をご覧ください。
※サマータイムは考慮していません。

国名 都市 時差
オーストラリア シドニー 1
日本 東京 0
韓国 ソウル 0
台湾 台北 -1
中国 上海、香港 -1
タイ バンコク -2
シンガポール シンガポール -1
インド ニューデリー -3.5
トルコ イスタンブール -6
フランス パリ -7
イギリス ロンドン -8
ブラジル サンパウロ -12
アメリカ ニューヨーク -13
アメリカ ハワイ -19

詳しい時間が知りたい場合は、現地の現在時間の確認や、現地時間と日本時間との変換もできる「Time-j.net 」が便利です。

知っておくとおトクな裏ワザ!
キャリアが変われば、通信容量もリセット!
1日で複数国を移動すれば、実質通信容量もドンドン増える!?

  • 通信容量500MBとは、1つのキャリアあたりの上限値です。
    国を移動して別のキャリアへ接続すれば、その時点で通信容量はリセットされ、新たに500MBまで使用できるようになります。

    1日の間に何ヶ国も移動すれば、そのたびにリセットされ、実質通信容量はどんどん増えるのです。
    国移動が多い方は、知っておいてほしい裏ワザです!

「キャリアが変われば通信容量がリセット」とは?
キャリアとは、通信事業会社のことです。(例:NTTドコモ、ソフトバンク、AT&T(米国)、ボーダフォン(英国)など)
例えば、ドイツ滞在中はドイツのキャリアへ接続しています。その後フランスへ移動すれば、フランスのキャリアへ自動的に切り替わります。国移動をしたことでキャリアが切り替わり、その瞬間に通信容量もリセットされるということです。

※国境付近では、両国のキャリアを受信する可能性もあるため、国を移動してもキャリアが切り替わらない場合もあります。その場合はリセットされませんので、ご注意ください。

こんな使い方が可能です!

日本時間午前1時と、入国・出国のタイミングで500MBの通信料がリセットされます。

例)8/2に日本を出国、シンガポール経由(トランジット)でタイ、ベトナム旅行で5泊した場合